カテゴリ:2016年2月( 1 )

健康によい分搗米を食べてみませんか?

皆さまこんにちは!新川店の栗林です!

今日は皆さまに分搗米の紹介をしようと思います。
急に分搗米と言われてもピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。まずは分搗米ってどんな物かお伝え致しますね。

分搗米はぶつきまいと読みます。皆さまがいつも食べているお米はきっと真っ白いお米ですよね?
真っ白お米はお米の中でも栄養価の高い表皮部分(表面の部分)を削っているため栄養価がほとんど含まれていないのです。。
分搗米は真っ白くする前の玄米のぬか層、胚芽の部分を残した精米の仕方のお米なのです!

お米って、実は表皮の方に甘みがあり、ぬか層を残す分搗米はお米本来のコクと美味しさが味わえるのです!

でも、ぬか層が残っているってことは食べづらいじゃないのー?と思ったそこのあなた!!

分搗米は色々な搗き方ができるのですよ!

家族が気にならないで食べるかしら?と思った方!
そんな方にはまずは7分搗きから8分搗きをオススメします!
7分搗きは玄米を70%精米したもので、白米に少し黄みがかっている感じです。胚芽のプツプツ感が少し目立ちます。食味は白米とほぼ同じなので分搗米初心者の方にオススメの精米です!
水加減は白米と同じで大丈夫ですよ!

次は私はもっと黒くて大丈夫!という方には、5分搗きをオススメします!
5分搗きは玄米を50%精米したもので、玄米と白米のちょうど中間の精米です。茶色がかったお米が多いですが、全体でみるとまだ白っぽさもあります。胚芽部分はある程度残っています。
水加減は白米よりも少し多めの水加減で炊いて下さいね!

そして、最後は本当は玄米で食べたいんだけど、消化が気になるから少し削ってもらうぐらいでいいんだけど…。と思っている方へ。
3分搗きはいかがでしょうか?
3分搗きは玄米を30%精米したもので、色は茶色が目立ち、胚芽はほぼ残っています。ほとんど玄米に近い感じです。栄養価は高く、食物繊維は十分残っています。
しかし、まだ消化吸収されにくいのでよく噛んでお召し上がり下さい。
水加減は玄米と同じになります。しっかりとお水を浸水して下さいね。大体、冬の時期ですと、5時間以上は水に浸けた方がいいですね!

皆さま、分搗米はどんなものか想像はつきましたか?
新川店、芦野店に色の見本が置いてありますので、それを見ながら店員とご相談下さい。

最後に、分搗米は白米と同じ値段ですので、麦や発芽玄米を白米に加えて炊くよりもお手頃に、そして手軽に試すことができます。
もし、分搗米にしてみたけれど、やっぱり食べづらいと思っても大丈夫です!
1度お買い上げ頂いたものを店舗に持ってきて頂ければ、改めてそのお米を精米し直せるので、食べてみて、もう少し白い方が食べやすいかな…と思ったら御手数ですがもう1度ご来店お待ちしております。

最後が長くなってしまいましたが、分搗米を食べて皆さまが健康になるのを店員、社員一同祈っております!

皆さまのご来店お待ちしております!!

[PR]
by komeshin | 2016-02-04 10:59 | 2016年2月 | Comments(0)




貴方の日常をナイスにいたします!
by komeshin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
新米のお値段
at 2017-10-22 11:25
えがおのひみつたんけんたい
at 2017-10-21 23:30
今年は、、、
at 2017-10-20 08:00
Halloween!
at 2017-10-18 08:00
体を温める
at 2017-10-17 09:00
野菜がどんどん好きになる。
at 2017-10-16 09:00
とん汁はじめました!
at 2017-10-15 09:02
なぜ、モチ米はウルチ米のよう..
at 2017-10-14 08:00
新米!!国岡さんのお米
at 2017-10-10 12:00
新米を召し上がっていますか?
at 2017-10-09 10:10
最新のコメント
時々ブログを読まさせて頂..
by お米は美味しいです。 at 11:53
おめでとう^^!
by komeshin at 16:21
ベッカム様、コメントあり..
by 芦野店 店長 at 13:44
『釧路昆布 のりつくだ煮..
by ベッカム at 15:55
超絶美味しいです♪
by ベッカム at 15:46
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ
全体
社長日記
2010年6月
2010年7月
2010年8月
2010年9月
2010年10月
2010年11月
2010年12月
2011年1月
2011年2月
2011年3月
2011年4月
2011年5月
2011年6月
2011年7月
2011年8月
2011年9月
2011年10月
2011年11月
2011年12月
2012年1月
2012年2月
2012年3月
2012年6月
2012年7月
2012年8月
2012年9月
2012年10月
2012年11月
2012年12月
2013年1月
2013年2月
2013年3月
2013年4月
2013年5月
2013年6月
2013年7月
2013年8月
2013年9月
2013年10月
2013年11月
2013年12月
2014年1月
2014年2月
2014年3月
2014年4月
2014年5月
2014年6月
2014年7月
2014年8月
2015年5月
2015年6月
2015年7月
2015年8月
2015年9月
2015年10月
2015年11月
2015年12月
2016年1月
2016年2月
2016年3月
2016年4月
2016年5月
2016年6月
2016年7月
2016年8月
2016年9月
2016年10月
2016年11月
2016年12月
2017年1月
2017年2月
2017年3月
2017年4月
2017年5月
2017年6月
2017年7月
2017年8月
2017年9月
2017年10月
未分類