<   2017年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新米のお値段

こんにちは、営業の鈴木です。

10月も半ばを過ぎて、日本各地の新米がどんどん出回ってきました。

昨日は山形県産つや姫、岩手県産ひとめぼれ、北海道産おぼろづき3銘柄の特別栽培米の新米も入荷し始め、秋の旬が広がってきております。

そこで気になるのが今年のお米のお値段。
実は今年もお値段が上がっております。

上がっていない銘柄もありますが、ほぼ軒並み10kgで200円〜300円程上がっております。

家計には嬉しくないお話かもしれませんが、ちょっとここでお茶碗一杯分の値上がり高を考えてみましょう。

生米は炊くと重量が約2.2倍になるので、10kgの生米は22kgになります。
お茶碗一杯分のご飯を150gとすると、約147杯分のご飯を取ることができます。

10kg200円の値上がりとすると、お茶碗一杯の値上がりは200円÷147杯なので、1杯あたり約1.36円の値上がりとなるわけです。

これを高いと見るか、安いと見るかは人それぞれで一概にどうこうと言うことではありませんが、1.36円程の値上がりで今までより美味しいものをお召し上がりいただき、こめしんとしては幸せな笑顔溢れる食卓を続けて欲しいと願っております。

こめしんには30種類を超えるお米を用意しておりますので、お客様の好みだけではなく、お財布事情も考えた様々な提案も致しますので、是非お気軽にお問い合わせ・お立ち寄り下さいませ。

[PR]
by komeshin | 2017-10-22 11:25 | 2017年10月 | Comments(0)

えがおのひみつたんけんたい

 お久しぶりです。五つ星お米マイスターの竹内です。
先日、かわいい探検者たちが芦野店へ調査しに来てくれました。
探検者は近隣の小学校2年生です。
約1時間いろんな事を聴いてくれました。
子供ならではの質問に心が癒されつつ、楽しませていただきました。
中でも、『どうして、こめしんで働いているのですか?』と言う問いに、こめしんで働いている人は、どう答えるのでしょうね(笑)
私はFM釧路でも答えていますので、あえてここではナイショにしておきます。
お手伝いにチャレンジしたいとの事でしたので、一緒にお米を計り、精米をして、袋詰めまでしていただきました。
みんな上手にできていましたよ^^

次は、玄米講座が控えていますので、これまた楽しみです。
お話を聞きたい人は、是非芦野店へ遊びに来てくださいね!






[PR]
by komeshin | 2017-10-21 23:30 | Comments(0)

今年は、、、

こんにちは新川店仲島です
今年は春先からずぅ~っと さ・む・い と言っている気がしますが
本当に寒くなってしまいましたね~142.png
買い物に行っても鍋やおでんが目立つようになりました、、、 ついどんな味があるのかな~っとのぞいてみたりしていますが
毎日の食事にも生姜のように体を温める一工夫をしなければ、、、 と思いつつも ちょっとめんどう(^^ゞ
そんなめんどくさがりな私でも簡単に取り入れるような物はないかな~と見渡してみると「くず湯」発見!
お手頃でいいかも~ でも猫舌なので向いてないかも、、、(-_-;)
やっぱりこっちかな

d0154957_03080850.jpg
おかずにもなるし風邪予防もかねて、、、
梅にんにくはお料理する方のアレンジメニューを見かけますが ごはんのお供にもちょうどいいですよね~
毎年騒がれるインフルエンザの予防にもちょっと続けてみようかなと思います

[PR]
by komeshin | 2017-10-20 08:00 | 2017年10月 | Comments(0)

Halloween!

おはようございます😃営業 廣瀬です。
毎日 寒くて身体が動きません💦
釧路でも初雪の所があったとラジオで言ってました❄️風邪は引いてませんか?
10月に入り 新米🌾も沢山並んできましたよ〜
少量お買い上げして食べ比べも楽しいですね^_^ 大人は新米ですがお子さん達はハロウィン🎃でしょうか⁉️ 知ってますか?芦野店でヒッソリとかぼちゃ🎃🎃手作りの有るんですよ〜
店長の手作りだそうです😊起用ですね〜
チョットお茶目な🎃です 見つけてみてください 精米している間に店内を探して見て❗️
d0154957_23513644.jpg

[PR]
by komeshin | 2017-10-18 08:00 | Comments(0)

体を温める

このところの気温の低さからか、鼻風邪をひいてしまったらしく
鼻水が止まらなくなってしまいました。
最近冷え性で平熱も低い人が増えているらしいのですが、
私もそのひとりです。
冷えた体は、体内酵素の働きの低下、新陳代謝の低下、
免疫力の低下などをおこし、風邪もひきやすくなるそうです。
野菜にも体を温める野菜と、冷す野菜がありその見分けかたは、
❲体を温める野菜❳ 冬が旬の野菜 地面の下に出来る野菜 
黒色、赤色、オレンジ色の野菜
❲体を冷す野菜❳ 夏が旬の野菜 地面の上に出来る野菜
白色 青色 緑色の葉物野菜
生姜やかぼちゃは冬が旬なので温める野菜
キュウリやナスは夏が旬なので冷す野菜
人参やネギは地面の下なので温める野菜
レタスやほうれん草は地面の上なので冷す野菜
という感じです。中には例外もあるので調べながら意識して
冬は体を温めるものを食べるようにしたいと思います。
            新川店 ほそい


[PR]
by komeshin | 2017-10-17 09:00 | Comments(0)

野菜がどんどん好きになる。

おはようございます!新川店の金田です(^ ^)

本日は、野菜が好きな人にたまらない

当店にある北海道タマネギドレッシングを

ご紹介致します!!!!!!


d0154957_23462373.jpg

最初に

北海道タマネギドレッシングと青じそです

北海道産タマネギの旨みをたっぷり詰め込んだ

醤油ベースのドレッシングで、

クセのある野菜も美味しく変身します。

ちなみに、日本野菜ソムリエ協会主催の

20122014サラダ部門で最優秀賞受賞しています!


次に

色と風味のコラボレーション

東神楽アスパラ香味です

北海道東神楽町の春を彩るアスパラガスから

特製ペーストを作り、北海道産玉葱と合わせました。

アスパラガスの鮮やかな色合いと

ほんのりとした甘みがサラダを彩ります。


最後に

ノンオイルでスッキリヘルシー

和風ゆず香味です

ゆずの風味は香料を使わず徳島県産の果実だけから絞った柚子果汁を使用。

隠し味に魚醤を加えて、深みのある味わいを実現。

料理のうま味が引き立ち、

毎日の食べたくなるドレッシングです。


こういったドレッシングを野菜にかけながら

「美味しい健康づくり」をはじめてはいかかでしょうか?



[PR]
by komeshin | 2017-10-16 09:00 | Comments(0)

とん汁はじめました!

 おはようございます  芦野店 ほんでら です。

秋まっただ中、日に日に寒くなってます
体調には気を付けたいものです。

芦野店では、無添加の手作り味噌で作ってる
とん汁を、例年では11月からなのですが
今年は早くも始めています。

どこにも負けない位 具だくさんです
  1杯・・160えん(税別)

バランスを考えて、おむすびと一緒に食べると最高!!
からだも心もあたたまります。

[PR]
by komeshin | 2017-10-15 09:02 | Comments(0)

なぜ、モチ米はウルチ米のように炊くのではなく蒸して調理されるのでしょうか?

1)ウルチ米に比べてモチ米は粘りが強いため、釜のなかで対流がうまくい
かす均等な加熱ができにくいことがあります。

2)ウルチ米に比べてモチ米は吸水力が大きいため、ウルチ米のように水を
加えて炊くと柔らかくなりすぎてしまうことがあるからです。

逆に、柔らかくならないような水加減にすると、今度は米粒が水面から

出てしまうため炊飯ができません。そのため、モチ米は、調理に必要な

熱と水分を「蒸し」と「振り水」とで加えるほうが理にかなっているわ

けです。

なお、調理したモチ米の粘りがウルチ米に比べて大きくなる理由は、デ

ンプン成分の構成割合の違いにあります。お米のデンプンは、モチ米も

ウルチ米も「アミロース」と「アミロペクチン」という成分でできてい

ます。アミロースは粘りが少なく、アミロペクチンは粘りが強いという

特徴があり、一般的なウルチ米のデンプンにはアミロースが17~23%含ま

れています。しかし、モチ米のデンプンはアミロペクチンだけ(100%)で

構成されており、この構成割合の違いがモチ米とウルチ米の粘りの違い

となっています。

日本人は粘りの強いお米を好むことから、最近では、ウルチ米のデンプ

ンのアミロース含有量を15%以下に減らし、粘りは強いけれども炊飯器で

普通に炊飯できる「低アミロース米」の品種改良も盛んに行われています。

新川店 松岡


[PR]
by komeshin | 2017-10-14 08:00 | Comments(0)

新米!!国岡さんのお米

皆さま、こんにちは!芦野店の斉藤です。

10月に入り続々と新米が入荷しております。
その中でもオススメなのが
皇室献上米を奉献した米作り名人
『国岡正人』氏のお米3種類です。
 
「ゆめぴりか」「ななつぼし」
今年は新しく「ゆきさやか」が加わりました。

北海道内の米生産地ランクで1割程度しかない
最高ランクA地域の蘭越町で作られています。

蘭越町は山々に囲まれた盆地で寒暖差が大きく
お米の旨みと栄養をじっくり蓄え
羊蹄山麓からの雪解け水が尻別川を育くみ
水質日本一に輝いた清流で更に美味しく育ち
水はけの良い土壌で米作りに最高の条件が
整った町です。

国岡さんは日に3回は稲と会話をして
育て上げているそうです。
国岡さんの想いがたくさん詰まった
お米を是非ご賞味ください。


[PR]
by komeshin | 2017-10-10 12:00 | Comments(0)

新米を召し上がっていますか?

ご飯のおいしい時期になりました。 伊藤です。

全国各地で、今年29年度産のお米(新米)が随時、店頭に並んできております。

当店でも、この時期は次々と新米が入荷しております。

新米のご飯は、つやが今までよりもあり、粘りもアップ。

そして何よりも、新米の香りと甘みを強く感じるのが良いですね。

話しは変わりますが、弊社にも、新入社員さんが入社してくれました。

自分よりも年齢が若い人ですので、とてもフレッシュに感じます。

まさに、光り輝く新米のようです。

私もその刺激を受けながら、原点に立ち返って

仕事に励もうと思う今日この頃です。





[PR]
by komeshin | 2017-10-09 10:10 | Comments(0)