こめしんスタッフのライスのナイスな話

貴方の日常をナイスにいたします!

インフルエンザ大丈夫?

釧路市内でもインフルエンザが流行りつつあります。
小学校でも学級閉鎖などのうわさもながれ
いよいよ来てしまったか・・・この季節と思ってしまいます。

インフルエンザにかかる前に
予防としてできることがあります。
手洗い、うがい、人混み滞在時はマスクの着用する。など
ちょっとしたことで予防効果が期待されます。

今回は予防効果に「にんにく」!というテーマでお伝えします。

にんにくにはいろんなパワーが秘められています。
にんにくの薬効の源と言われているアリシンには
ペニシリンを上回るとも言われている抗菌力もっていると知られています。
インフルエンザのウィルスに対する抗菌作用に
このにんにくのアリシンのパワーが役立つのです。

他にもにんにくのパワーが!

※ 血液をキレイにし、血圧を安定させる。
※ 冷え性・肩こりなど緩和させる。
※ 便通がよくなる。
※ 殺菌作用により、風邪をひきにくくなる。
※ ビタミンの吸収を良くする。
※ 無駄な皮下脂肪のエネルギー化を促進する。


〔インフルエンザ豆知識〕
インフルエンザウィルスは3種類に分類されます。

A型・・・遺伝子情報が変化しやすい。
     ワクチンを打っても安心できない厄介なウィルスです。
B型・・・遺伝子情報がかなり安定しているため
     免疫力の低い幼児や高年齢の方を除いては
     大きな被害が出る流行とはなりません。
C型・・・遺伝子がほとんど変化しないため一度かかると一生続きます。
     そのため、症状も普通の風邪とさほど変わりません。



うがい・手洗いなどを習慣にして
バランスよい食事・睡眠をとり
にんにくを毎日食べて
この季節を乗り越えましょう~


d0154957_173537.jpg

[PR]
by komeshin | 2012-02-24 10:00 | 2012年2月 | Comments(0)