こめしんスタッフのライスのナイスな話

貴方の日常をナイスにいたします!

お米の保存方法!

こんにちは安東です( ´∀`)
今日は、お米の保存方法についてご説明します!

①お米の保存
・風通しの良い涼しい場所に
特に暖房器具のそばや直射日光が当たるところはお米のひび割れの原因になりますので避けてください。

・米袋に水をかけないように
流し台などから飛散する水は米袋の小さな通気孔から侵入しかびの原因になります。

・水蒸気かが大量に発生する場所は避けてください
高温多湿はお米の劣化を早めます。

・冷蔵庫のそばは避けてください
冷蔵庫の周りは湿度があり乾燥しやすくひび割れの原因になります。

・お米の保管期間は1ヶ月を目安に
お米は精米したその時から劣化が進みます。精米後新鮮なお米を食べて頂くためにも、夏場で1ヶ月以内で消費できる量のご購入をオススメします。


②米びつ(ハイザー)を掃除しましょう。
ハイザーも掃除が必要って知っていましたか?
半年に一回はお米を全部だして米びつを掃除しましょう(*^^*)
米びつは最低でも年二回、できれば四季に一度は掃除しましょう。夏場をむかえると田んぼの段階でお米の中に産み付けた虫が孵ったり、米びつに付着した糠から虫が発生する事があります。
夏場をむかえ新米の出回る前の7月と暖房で室温が上がる12月がよいと思います。
また、お米の虫を防ぐには鷹の爪がよいと言われています。真っ赤な唐辛子のことで強烈な辛味か虫害を防ぐとされ、昔から食用と薬用に使われてきました。
辛味の成分のカプサイシンが大気中に発散して虫をつきにくくしていると言われています。米びつの上蓋に吊るしておくだけでいいので、一度お試しください。



[PR]
by komeshin | 2018-09-11 00:00 | 2018年9月 | Comments(0)