こめしんスタッフのライスのナイスな話

貴方の日常をナイスにいたします!

麹(こうじ)ついて

お米好きの皆様にとっては麹は親しみやすい食材だと思います。

特に米麹は、日本酒や味噌、酢やみりんなど日本の伝統的な調味料
を作る時に欠かせないものですし、甘酒やべったら漬けなどにも使われます。

そもそも、麹って何?麹とは、穀物に麹菌を植え付けて増殖させたものです。

穀物が米なら米麹、麦なら麦麹、大豆なら豆麹になります。

麹菌は、カビの一種です。カビとは言っても人間に有益な働きをしてくれる
微生物の一種で、増殖する時に菌糸を長く伸ばして、酵素を出し、穀物のでんぷん

やタンパク質を分解します。でんぷんが分解されるとブドウ糖になり、
甘みを生み出し、タンパク質が分解されるとアミノ酸になり、旨みを感じるようになります。

麹を使うと美味しくなる、というのはこの麹の酵素のパワーによるところが
大きいと言えるでしょう。また、この麹は、健康や美容にもとてもいいことがわかっています。

麹菌が増殖する時にビタミンB群がたくさん作られますが、このビタミンB群は
代謝を促進し、疲労回復にも効果があります。またアミノ酸も豊富で、新陳代謝が促されます。

コウジ酸には美肌·美白作用がありますので、女性にはうれしいですね。

麹を使った塩麹や醤油麹、今では市販品もありますが、簡単に手作り出来ます。
作り方レシピを掲載しますので是非作ってみて下さい。


塩麹の作り方

米麹100g30g100ml (乾燥麹の場合は、様

子をみてプラス50~100ml)

①麹はパラパラにほぐし、塩をまぶし混ぜる。

②水を加えてよく混ぜる。

③常温で1 ~2週間、毎日1回混ぜる。麹がふっくらす

れば完成。完成後は冷蔵庫で保管してください。


醤油麹の作り方

米麹100g 濃口醤油250ml (出来れば醸造アルコー

ルの入っていないもの

①米麹はぱらぱらにほぐす。

②醤油を注いで混ぜ、常温で1~2週間置く。毎日混ぜて

まろやかになれば冷蔵庫で保管してください。


[PR]
by komeshin | 2017-09-20 08:00 | Comments(0)