こめしんスタッフのライスのナイスな話

貴方の日常をナイスにいたします!

ちょっとした工夫で(^^♪

こんにちは! お久しぶりです。事務所の熊谷です。
7月に入りましたが、中々お日様の顔が見れませんね!
曇っていたり、雨が降っていてもあまり気温が下がらないと、じとっとして
気分も滅入ってしまいそうです。
でも、今日は久々の青空で、洗濯物を外に干してから会社に出勤してきました。
そんな朝は気分もスッキリで、今日一日ガンバルぞ!という気持ちになります。

この時期、昨年とれたお米の品質がどんどん落ちていってしまいます。
30年産新米がとれるあと2か月位の間、ちょっとした工夫でご飯を美味しく
炊いてみませんか? (お米1合に対しての目安です)

1)蜂蜜を入れる →ツヤがでて、甘味が増す。(小さじ半分)
2)日本酒    →ツヤがでて、ふっくらと炊き上がり、粘りもでる。(小さじ2)
3)味醂・酢   →ツヤがでて、粘りもでる。(小さじ1)
4)昆布を入れる →昆布の香りがして、ちょっと濃い味

など、他にも色々と方法があると思いますが、まずは、お米は精米してから
1か月以内で、またこの時期はもう少し短い期間で食べきれるだけの量を買いましょう。
出来れば、ハイザーは避け、タッパ等に入れて、涼しい場所での保管をお勧めいたします。

[PR]
トラックバックURL : https://komeshin.exblog.jp/tb/26967492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by komeshin | 2018-07-06 09:00 | 2018年7月 | Trackback | Comments(0)