こめしんスタッフのライスのナイスな話

貴方の日常をナイスにいたします!

こめしんのユニークな点を知っていますか?

シャキーン!

こめしんの中村敦です!

今日はこめしんのユニークな点をご紹介いたします。

それは、「玄米と分づき米」にこだわりをもっているところです。

来店するお客様の半数は玄米と分づき米を購入されます。

分づき米とは、一言でいえば、玄米と白米の中間といえば

わかりやすいでしょう。

完全に精米するのではなく、玄米の糠をわざと残して精米したものです。

精米度合いによって、3分づき、5分づき、7分づきなどがあり

8分づきになると、ほとんど白米に近い炊き上がりの色や味になります。

白米にするときも、こめしんは「精米技法」にこだわっています。

玄米の一番外側を覆っているのは表皮ですが、その内側は中果皮、

横細胞層、菅細胞層、種皮、糊紛層といった具合に何層にも

分かれています。

精米の際に、おいしさの決め手となる、「亜糊紛層」ですが、

糊紛層の内側にあり、ここに含まれるうま味成分、オリゴ糖などが

白米の味を左右することになります。

ミクロン単位の繊細な層を残しながら精米をしているのです。

ここにこめしん自慢の「精米技術」があります!!!

こめしんのことを少しずつ、これからも発信していきますね!!





[PR]
by komeshin | 2018-07-28 19:47 | 2018年7月 | Comments(0)
カレンダー