こめしんスタッフのライスのナイスな話

貴方の日常をナイスにいたします!

電気の大切さがよくわかりました。

こんにちは 営業の伊藤です。

今回の地震での、ブラックアウトには、大変驚きました。

日頃、当たり前に使っている電気の大切さを改めて痛感いたしました。

今でも、停電・断水の続いている方は大変なご不便をされている事と思います。

早い復旧を心より願っております。

今回の経験で、いろんな事を気付かせて頂きましたが、

私はお米屋に居りますので、特に「食」についての不便さを感じました。

私にも、3人の子供がいますので、しっかりとした食事が大切だと感じました。

そこで、今回はガスコンロなどの火が確保できていれば、

普通の鍋でもご飯が炊けるという事に、注目してみましたので、

簡単にですが、普通の鍋での炊飯をご紹介いたします。

1 計量 使うコップなどにお米を入れ、すりきりで計り、同じコップでお水満タン

2 洗米 今のお米は精米がしっかり出来ているので、研がずに
      3回ほどゆすぐのが良いです。すばやくやるのがポイントです。特に1番最初!

3 浸漬 お米に水を吸収させます。最低、夏場は30分冬場は1時間

4 火にかける 弱火で火にかけ、沸騰してきたら強火にして、鍋全体に泡がぼこぼこ出る状態にします。
        泡が小銭くらいの大きさになったら、蓋をして弱火で10分くらい
        その後、蓋をあけて表面に余分な水分がないのを確認したら
        強火にして10秒間加熱。その後、火を止めて10分~15分蒸らします。
        蒸らし終えたら、ご飯をしっかりほぐして終わりです。

何回か炊いて頂くと、自分なりのコツも見つかると思います。

この機会に、普通の鍋での炊飯も実施してみては、いかがでしょうか?


         



[PR]
トラックバックURL : https://komeshin.exblog.jp/tb/27098114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by komeshin | 2018-09-10 10:00 | 2018年9月 | Trackback | Comments(0)