人気ブログランキング |

こめしんスタッフのライスのナイスな話

貴方の日常をナイスにいたします!

米の老い

こんにちは、工場の佐藤です。

先日、工場では設備のとある部品を交換しました。
長年使っているだけあり、工場設備にも様々な老朽化の兆しが見え始めています。
既存の物を長く使い続けることは大事ですが、時代の流れに合わせて新しい物に乗り換えたり、改めたりといったことも昨今では積極的に考えなくてはなりません。

工場は使用することによる摩耗に加えて時間の経過がもたらす老朽化が、設備を脆くしていきます。
仮に全く使用していない工場であれば、老朽化はここまで進んではいないでしょう。

お米にも老化があります。老化という表現が適切かはわかりませんが、所謂「賞味期限」といえる時間の制約があります。
上記のように工場は使わなければ摩耗することはありません。しかしお米は、たとえ適切な保存方法をとっていたとしても、時間の経過により着実に老いていきます。
お米は精米した瞬間から、急激に酸化を始めます。時間が経てば経つほど、口に運ぶお米は酸化したものになってしまいます。
新鮮なお米がオススメされているのはこのためです。より美味しくお米を食べるためには、精米した日のできるだけ近いお米が好ましいのです。
古ければ古いほど、当然鮮度は落ち、ひいては味が落ちてしまいます。これはどんなお米も共通です。

こめしんでは小さなキロ数からでもお米を購入することができます。
より新鮮なお米を毎日口にし、より美味しい食卓を迎えていただくために、炊飯頻度と照らし合わせて、是非ともお気軽にご相談、小さなキロ数の注文などなさってください。(⌒∇⌒)

トラックバックURL : https://komeshin.exblog.jp/tb/27975291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by komeshin | 2020-02-18 19:30 | Trackback | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30